桜日和

桜を探す
Loading

桜写真館

桜の名木一覧

桜の写真集

桜の盆栽



桜ライン311

金剛寺 しだれ桜

金剛寺 しだれ桜

金剛寺は承平年間(931~938)平将門がこの地に堂宇を建立、持仏の阿弥陀仏を安置し「無量寿院」と称したことに始まると言われており、梅岩寺の枝垂桜と姉妹樹と言われている樹齢150年の枝垂桜があります。

以前は樹高20mを誇り長く垂れ下がった見事な枝振りでしたが、数年前の大雪で枝が数本折れてしまい若干悲しい風貌となってしまいました。

桜の前にある、在りし日の枝を支えていた支柱が寂しく残っているのが印象的に残ります。

金剛寺 しだれ桜

この桜は地面に付かんばかりに枝垂れた枝に、赤味の濃い花をたくさん咲かせており、手前に植えてある若い枝垂桜と重ねて見るとボリュームもあって奇麗です。

また金剛寺には青梅市の象徴でもある「将門誓いの梅」と呼ばれる梅の古木があります。
季節が過ぎても黄色にならず、落実まで青いため「青梅(あおうめ)」と称せられ、それが青梅市の名前の由来となったとされています。

金剛寺 しだれ桜

梅岩寺から歩いて10分程の所にあり、姉妹樹と言われている両方の桜を見比べてみるのも良いでしょう。
梅岩寺に比べると人も少なめで、ゆっくりと桜と向き合うことができました。

 金剛寺 しだれ桜 - DATA

【種 類】

シダレザクラ - 樹齢推定150年

【住 所】

東京都青梅市青梅1032

【交 通】

電車

JR青梅線青梅駅下車 徒歩15分


 周辺地図


より大きな地図で 桜マップ を表示