桜日和

桜を探す
Loading

桜写真館

桜の名木一覧

桜の写真集

桜の盆栽



桜ライン311

東京国立博物館 吉野枝垂桜

東京国立博物館 吉野枝垂桜

東京国立博物館の本館前に咲いている吉野枝垂れは、ソメイヨシノのしだれ型で里桜系の園芸品種。センダイシダレとも呼ばれ、博物館の桜のシンボルのような存在です。
花数が5枚の一重咲きの花で、白い花は淡紅色を帯びています。

東京国立博物館 吉野枝垂桜

以前はこんもりと傘を広げた様な奇麗な樹冠をしていましたが、ここ数年、枯れ枝が目立ち所々枝が切られています。

満開の姿も以前に比べると大分寂しく感じられます。

東京国立博物館 吉野枝垂桜

昭和44年2月に三島の遺伝学研究所から寄贈を受けて植えられました。

東京国立博物館 吉野枝垂桜

東京国立博物館の本館裏に広がる庭園にはソメイヨシノ、オオシマザクラ、シダレザクラ等多くの桜が植えられており、春の桜の季節と秋の紅葉の季節の年2回、一般に開放されています。

東京国立博物館 吉野枝垂桜

また、春の庭園開放の時期に合わせた恒例企画として、桜にちなんだ数々の名品が展示される「博物館でお花見を」も開催されるので、日本美術に咲く桜も堪能することができます。

東京国立博物館 吉野枝垂桜

撮影日:2013.3.29

 東京国立博物館 吉野枝垂桜 - DATA

【種 類】

ヨシノシダレ - 樹齢推定45〜55年

【住 所】

東京都台東区上野公園13-9

【交 通】

電車

JR上野駅公園口下車 - 徒歩10分
東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅下車 - 徒歩15分


 周辺地図


より大きな地図で 桜マップ を表示