桜日和

桜を探す
Loading

桜写真館

桜の名木一覧

桜の写真集

桜の盆栽



桜ライン311


置賜盆地に咲く古典桜

置賜さくら回廊とは、山形県南部の置賜盆地にある、赤湯温泉~長井~白鷹町の荒砥までをつなぐフラワー長井線沿いの道筋43Kmの桜の観光ルートです。

平成7年に南陽市烏帽子山公園から白鷹町まで、3つの市町村にまたがるこのルートに「置賜さくら回廊」という名がつけられました。

「烏帽子山千本桜」から始まり、「双松公園の眺陽桜、慶海桜」、国指定天然記念物の「伊佐沢の久保桜」、「草岡の大明神桜」、県指定天然記念物「釜の越桜」、「薬師桜」など樹齢500年〜1200年を超す古典桜の名所が十数ヶ所に渡って点在しています。

久保桜と坂上田村麻呂の物語など、それぞれの桜に伝説が伝えられているのも魅力のひとつ。

樹齢を重ねた桜の中には、樹が痛み、衰弱していたものもありましたが、地元の人々が保存会を結成し、樹勢を回復した桜も多い。

エドヒガンの古木が多く、どの桜も味わい深い。
花だけでなく、長い風雪を乗り越えた樹そのものを見れば、置賜の桜が持つ歴史を感じる事ができるでしょう。

置賜さくら回廊を巡るには、車があると便利。
「フラワー長井線」や「置賜さくら回廊花咲かタクシー」を利用して桜の話しを聞きながら回るのも楽しそうです。


置賜さくら回廊の桜一覧

置賜さくら回廊 桜マップ


 より大きな地図で 桜マップ を表示
・地図上の桜のアイコンをクリックすると桜の詳細をご覧いただけます。
・桜の位置は独自に調べた物ですので、 実際とは異なる場合もあります。あくまでも目安とお考え下さい。